岡田が25年の人生で気がついちゃった、人生楽しむために大切なこと

いらっしゃいませ!こんにちは。

6月いっぱいでタレント事務所を辞めて、自由の身になった岡田あすみです(笑)

 

今後は、IT業界で「KUSANAGI」エバンジェリストの活動をメインに、

「週末タレント」としてフリーで活動していきます☆彡

 

今日書く内容は、「25年の人生の中で気がついちゃった大切なこと」です(笑)

25歳、社会人3年目で転職してからの1年間で、女将、ライター、イベントプランナー、司会、マーケター、アイドル、ラジオ―パーソナリティー、ラッパーなど、深度はあれど、様々な職種を経験しました。

この一年間を通して私が気が付いた、「25年の人生の中で気がついちゃった大切なこと」を一部アウトプットしたいと思います。

 

私を知っている人、私と少しでも関わってくれたことがある人、転職なり結婚なり、何か初めてみたいけど勇気が出ないすべての同年代の人に向けて、発信したいと思います。

 

変化の激しかった1年間。行動のモチベーションは「何かしないとヤバい」という焦る気持ちでした。

2016年7月に前職の外食大手チェーン店を辞めたのち、

2016年7月~11月にかけてフリーランスとしてお仕事をしていました。

2016年12月~2017年6月にかけてIT企業で契約社員、タレント事務所での活動を行ったのち、

今月で、転職してからちょうど一年が経とうとしています。25歳の夏です。

 

転職したての頃の自分は、「何もない」のオンパレードでした。

・パソコンが使えない(大学生のままの知識で止まっている)

・お金がない(財布に7円しかないことも)

・会社に所属しないで生きていくための知識がない(保険について、税金についてなど)

居酒屋店長の時は、目の前の仕事に夢中になり過ぎて、先のこと(転職したあとのこと)を考える余裕がありませんでした。

 

確かにあったのは、

「フェイスブックでの人との繋がり」「丈夫な体」「絶対に成功できるという、自信」です。

そこでまず私が行ったのは、「ブログで等身大の自分を発信すること」でした。

その頃の自分のブログはコチラです!→http://asumi-okada.hatenablog.com/

大切なことその① 20代のうちに、一生かけてやりたいことを見つけられるかどうか

情報を発信することって、日本人である私たちにとっては、ハードルが高く感じると思います。

なぜなら私たち日本人は

「謙虚」

だから!!!((笑))

「完璧にできている状態じゃないと発信してはいけない」と、多くの人が思い込んでいるように感じます。

しかし人は、失敗体験や未完成な状態の人やモノに対してこそ興味を持つことが多いと、私、気がついてしまいました。

 

「人の失敗体験談」や「成功への途中の状態」は参考になります。

読んでくれる人は増えるし、応援してくれる人も現れるためブログなどで発信することは、どんどんやるべきだと、私は考えています。

 

20代のみなさん!!!まずは気が付いてもらわないと何も始まらないっすよ!!!自分もそうですけど!!!

小さなことでも本当にやりたいと思うことなら、SNS媒体などでもなんでも「とりあえず発信する」ことは、夢に近づく第一歩になるのではないでしょうか。

大丈夫です!見ている人は必ずいます( *´艸`)

 

あと、「何が自分に向いている仕事かわからない」ってこと、よくあると思います。

イチローとか本多選手とか、10代のうちに一生かけてやりたいこと見つけちゃった人ってまじで凄いですよね。

 

これ自分のばーちゃんに教えてもらった

勉強を続けるためのコツ

なのですが、

「それなりに好きなこと」

「ちょっと頑張ったら人よりも頭ひとつ出そうな分野」

「続けられそうなこと」

を見つけられたら、それに特化して勉強した方が良いそうです。お年寄りの知恵袋ばんざい。

 

私は理系で、話すことが好きなので、「IT業界のエバンジェリスト」を長い時間かけてスキルを磨いていくことにしました。

 

先に申し上げたとおり、やりたいことがあってフリーランス時代はいろんな仕事に挑戦させて頂きました。

その仕事、「1日」でも良いと思います!どんどん興味ある職種を経験しましょう( *´艸`)。

概要がわかって、続けたいかどうかだけわかれば、あとは十分だと思います。

大切なことその② 仲間のやりたいことを、空気を読んで応援する

とはいえ、フリーランス時代、全力で一人で頑張っていることにちょっと限界を感じました。

ワンピースみたいな「仲間」、欲しくなりますよね。

 

「仲間づくり」、要は人との関わりにおいて、大切だと思ったことが以下です。

*「主催者」が何をしてほしいと思っているのか全力で考える

* 自分は主役なのか?サブなのか?立ち位置を見極める

相手が幸せになることを考えるということですよね。私全然、まだまだですが!(笑)

 

自分が成長するにつれて、周りも成長します。

お互いの力をかけ合わせれば、倍以上の力がでることもあるかもしれません。

達成したいことがある人ほど、人に投資するのって、長い目で見てとても大切だと思います。

 

一番もったい無いのは、「この人は職場だけの付き合いの人」とか相手をよく知ろうとしないでぶった切ってしまうケース。

非常に寂しいですね。

少し喋ってみたら、意外と面白いところが見つかるかもしれないのに・・・

5年後に、自分のビジネスを助けてくれる人かもしれないのに・・・

ほら、長い目で見たら、一緒に働いている隣の人が、とても貴重で愛しい存在に感じてきませんか?

 

人に興味を持って深堀りすることは、自分の夢へ、そして幸せへの第一歩だと、考えます^^

大切なことその③ 30代までのスケジュール。具体的に書き込んでみよう!

30歳までに何をしたいのか書き込んでみたんです。

縦軸に年と、月まで。

その横に「やりたいこと」ではなく「やること」を書きました。(下記は概要)

「結婚する」

とか

「海外へ行く」

とか色々でましたよ(笑)

 

このとき、

*ちょっと無理かもしれないが少し頑張ったら達成できそうなこと

を書くことがポイントだと思います。

 

そして、ここからが私の成長したところ★

前までは、やりたいことの欄に、自分のことしか書かなかったと思うんです。

しかし今は、「親の年齢」、「親友のやりたいこと」、「会社の達成したいこと」などを書き込んでいる自分がいました☆

 

これってつまり、周りに対して責任感が出てきたってことなのではないでしょうか!(笑)

 

「後ろを振り返ったときに、

応援してくれる人が誰もいないことが無いように」

日々楽しく、生きていきたいですね!

以上、「岡田が1年間で気がついちゃった、人生楽しむために大切なこと」でした。

ここまで読んでくださり、誠にありがとうございます☆彡

 

岡田が一生かけてやろうと思った「KUSANAGIエバンジェリスト」についてはこちらからどうぞ

https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/achievements-service/kusanagi_cases/

 

 

 

 

Follow me!